月別アーカイブ: 2017年2月

WiMAX2+を選んだ理由

モバイルWiFi選びでお困りではありませんか?

2年前の私もモバイルWiFiについて分からないことだらけでいろいろ調べました。
あれやこれやいろんなモバイルWiFiを使って最近やっと答えが出ました。

結論からいうとWiMAX2+がトータル判定でNo.1です。

WiMAX2+だけじゃなく、モバイルWiFi全般でお得な情報や秘密をアップしてきますので是非参考にして下さい。

WiMAX2+にたどり着いた理由を簡単に紹介

「データ通信容量」、「速度制限」、「毎月の料金」、「通信可能エリア」という4項目で比較してみたところ、どなたが選んだとしても納得するモバイルWiFiルーターは、驚くことに1機種のみというのが正直なところです。
自分の家に関しては、ネット回線を確保するためにWiMAXを使っております。懸案の回線速度につきましても、殆どストレスを感じる必要のない速度です。

WiMAXの通信提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公表されています。都内23区は勿論、日本それぞれの県庁所在地などでは、100%と言っていいくらい通信サービスを利用することが可能だと考えて構いません。
オプションということになりますが、WiMAXのサービスエリア圏外でも、高速を謳うLTE通信を使用することができる機種もあるので、正直申し上げてこの機種1台があれば、日本の国内だいたいモバイル通信ができるはずです。

ワイモバイルというのは、NTTDoCoMoなどのように自社にてモバイル用通信回線を保有し、その回線を利用したサービスを提供している移動体通信事業者(MNO=Mobile Network Operator)で、SIMカードのみのセールスも実施しています。

WiMAX2+を取り扱うプロバイダーが多すぎる!どれを選べばいいの?

現段階でWiMAXを販売しているプロバイダーは20社~30社存在しており、各社ごとにキャンペーンの内容だったり料金が違っています。当HPでは、注目を集めるプロバイダーを6社ご案内しますので、比較されてはどうでしょうか?
「モバイルWiFiに変えようと思っているけど、無制限・高速モバイル通信ということで大人気のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイル提供のポケットWiFiのいずれにした方がお得か考え込んでしまっている。」と言われる方の役に立つように、両者を比較してみたいと思います。

モバイルルーターにも色んな機種が存在しますが、そういった状態の中満足度ランキングで、いつも上位に入るのがWiMAXになります。別のルーターと比較しても回線速度が速いし、長い時間ネットをする人には最適だと思います。
LTEと称しているのは、携帯電話とかスマホなどで用いられる一歩進んだ高速モバイル通信技術です。3G通信回線と4G通信回線の間に位置する通信規格という意味合いから、WiMAXと共々3.9Gにカテゴリー化されます。

同一機種のモバイルルーターであっても、プロバイダーそれぞれで月額料金は違うのが通例です。このウェブサイトでは、評判のいい機種を“料金”順でランキングにしてありますので、比較しやすいはずです。

月額料金だけで判断してはダメ、キャンペーンや初期費用で全然違ってくる利用料

モバイルWiFiを安く手に入れるには、端末料金だったり月額料金は言うまでもなく、初期費用やポイントバック等々を残らず計算し、その総合計で比較して最も安い機種をチョイスすればいいと思います。

近い将来にWiMAXを購入するというつもりがあるなら、何としてもギガ放題のWiMAX2+がいいでしょう。通信速度が速いだけじゃなく、WiMAXの通信可能エリア内でも使えるので、ほとんどつながらないということがありません。
ポケットWiFiという呼び名はソフトバンクの商標ということで登録されているのですが、ほとんどの場合「3G回線もしくは4G回線を利用してモバイル通信をする」際に欠かせないポケットに収まるようなWiFiルーターのことを意味すると考えて良さそうです。

「モバイルWiFiの内、高速モバイル通信のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのいずれにした方がお得か決められずにいる。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、双方を比較してお見せしたいと思います。
WiMAXモバイルルーターというものは、申し込みをするときに機種を選定でき、通常は費用なしでもらえます。とは言え選択方法を間違えてしまいますと、「使用するつもりのエリアでは利用不可だった」ということが少なくはないのです。